「預貯金の使い込みを取り戻す」  |葛飾(金町・水元・新小岩)で相続、遺産分割を弁護士に相談

「預貯金の使い込みを取り戻す」 

「父/母が亡くなったため、通帳(銀行取引明細)を見てみたら、亡くなる直前に多額の金額が引き出されていることが分かった。
父/母の通帳・印鑑は同居していた兄弟が管理していたので尋ねてみたところ、父/母から贈与を受けたと言って話し合いに応じない。」といった相談を受ける場合があります。
 
そこで、今回の記事では、預貯金の使い込みを取り戻す方法などについて解説いたします。
 

1 預貯金の使い込みの時期

ひとくちに「預貯金の使い込み」といっても、その使い込みの時期は、大きく、①(父/母などの)被相続人が亡くなる前の使い込み、又は、②被相続人が亡くなった後の使い込みの二つに分けて考えることができます。
 

2 ①被相続人が亡くなる前の使い込みの場合

被相続人が亡くなる前の使い込みの場合、「被相続人は亡くなる直前に認知症になり判断能力が低下しており、銀行からの引出しを依頼したり、贈与したりする判断ができたはずはない。」などとして、無権限の引出しであることを理由に不当利得返還請求権又は不法行為による損害賠償請求権を行使していくことになります。
具体的には、被相続人の生前に被相続人の口座から二人兄弟のうち一人が1000万円を無権限で引き出していることが判明した場合には、もう一人の兄弟は、被相続人が亡くなった結果、この1000万円の不当利得返還請求権又は不法行為による損害賠償請求権の半分(法定相続分2分の1)を相続により引き継ぐことになるため、500万円の返還請求をしていくことになります。
 

⑴ 交渉による回収

この500万円の返還請求については、まずは内容証明郵便による請求などから始まる話し合い(交渉)によって解決の途を探ることになりますが、親族間の感情的対立や贈与の有無、引き出した金銭の使い道(葬儀費用・介護・入院費用など被相続人のための有用な使い道であったなど)といった事情から、深刻な争いに発展するケースも多くあります。
 

⑵ 遺産分割調停による回収

引き出した相手方が家庭裁判所における遺産分割調停において遺産として取り扱うことに同意すれば、使い込みがなされた預貯金以外の遺産と一緒に遺産分割調停の中で解決することも可能となります。
 

⑶ 訴訟による回収

このような遺産分割調停内での同意が得られないケースも間々ありますので、このような場合には、地方裁判所において民事訴訟を提起して解決するしかないことになります。
 

⑷ 主張立証の糸口

そして、民事訴訟においては裁判官を説得し返還請求認容判決を獲得するためには、話し合い(交渉)において相手方を説得する以上に、何よりも請求を支える証拠を早期に適切に揃えて、緻密な主張立証を組み立てることが重要となります。
具体的には、先に挙げた「被相続人は亡くなる直前に認知症になり判断能力が低下しており、銀行からの引出しを依頼したり、贈与したりする判断ができたはずはない。」といった主張立証を効果的に行うためには、
 

  • ① 被相続人の預貯金通帳・印鑑の管理に関する証拠
  • ② 介護記録・医療機関の診療記録などの被相続人の判断能力に関する証拠
  • ③ 銀行取引明細書・払戻請求書・委任状などの引出しに関する証拠
  • ④ 領収書などの引き出した金銭の使途に関する証拠

 
を適切に収集分析し、内容証明郵便あるいは訴状などを作成していくことが必要となります。
 

3 ②被相続人が亡くなった後の使い込みの場合

被相続人が亡くなった後の預貯金は、共同相続人が(準)共有していることになります。
したがって、原則としては、例えば、被相続人の死後に被相続人の口座から二人兄弟のうち一人が1000万円を引き出していることが判明した場合、もう一人の兄弟は、相続分を侵害されていることを理由として、この1000万円の半分(法定相続分2分の1)を不当利得返還請求権又は不法行為による損害賠償請求権に基づき返還請求していくことになります。
 

⑴ 交渉による回収

被相続人が亡くなる前の使い込み同様の手法で、まずは交渉による回収を検討してみることが考えられます。
 

⑵ 遺産分割調停・審判、訴訟による回収

被相続人が亡くなった後の使い込みであれば、遺産分割調停のなかで解決できないのか?と思われる方も多いかもしれませんが、遺産とは「死亡時に存在し、現在も存在する、プラスの財産」であるため、口座から引き出されて現金化してしまった等の事情により、現在は存在しない預貯金債権については、「現在も存在する」という要件を欠くので遺産とは取り扱われないことになります。
そのため、遺産分割調停で取り扱うためには、相続人全員の同意が必要になります。
引き出した者が家庭裁判所における遺産分割調停・審判の中で解決することに同意しない場合、原則として、地方裁判所で民事訴訟を提起して解決するほかありません(ありませんでした)。
 

⑶ 法改正に伴うもう一つの解決手段

ここまで述べた解決手段は、現在もなお、有効な解決手段です。
しかし、2018年(平成30年)に民法(相続法)が改正され、2019年(令和元年)7月1日以後に亡くなったケースでは、預貯金を引き出した者以外の相続人全員の同意があれば、死後に引き出された預貯金を遺産に組み戻し、預貯金以外のほかの遺産と一緒に家庭裁判所における遺産分割調停・審判において手続することができるようになりました。
今後は、こちらの方法に基づき、解決を目指すのが主流になっていくと思われます。
 

民法第九百六条の二 遺産の分割前に遺産に属する財産が処分された場合であっても、共同相続人は、その全員の同意により、当該処分された財産が遺産の分割時に遺産として存在するものとみなすことができる。
2 前項の規定にかかわらず、共同相続人の一人又は数人により同項の財産が処分されたときは、当該共同相続人については、同項の同意を得ることを要しない。

 

4 預貯金の使い込みに関する問題を弁護士に依頼する流れ・ご依頼後の流れ

まずは、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
弁護士が概要をお伺いさせていただきます。
お電話で概要をお伺いした結果、事務所にお越しいただいて正式なご相談をしていただくことになった際は、日程の調整をお電話でいたします。
正式なご相談では、手続の流れ、所要時間、弁護方針、費用のお見積りを三色ペンで図示しながら行います。
相談料は、初回30分は無料となります。
相談の結果、ご依頼を決めた場合は、契約書を取り交わして、弁護活動をスタートします。
 

5 預貯金の使い込みに関する問題の弁護士費用

弁護士費用は事務所によってまちまちです。
ここでは当事務所の弁護士費用について説明をします。
弁護士費用は、法律相談料、着手金、報酬金、実費等に大きく分けられます。
法律相談料の相場は、30分5500円(税込)程度です。
当事務所では、初回30分は無料で、それ以降は30分ごとに5500円(税込)をいただいております。
 

⑴ 着手金

着手金は、事件のご依頼を受けて活動をする最初にいただく費用で、事件の結果によって金額が変わることのない費用です。
当事務所では、ご依頼から3営業日以内にお支払いいただくこととなります。
 

【預貯金の使い込み問題、単独でのご依頼(税込)】
交渉の着手金
22万円
訴訟の着手金
44万円

※交渉から訴訟に移行する場合は追加金33万円で承ります。
 

【遺産分割と一緒にご依頼をいただいた場合(税込)】
交渉の着手金
22万円(遺産分割の着手金に含まれます。)
調停の着手金
33万円( 〃 )
※交渉から調停に移行する場合は追加金22万円で承ります。
訴訟の着手金
44万円(遺産分割の着手金には含まれません。)

 

⑵ 報酬金

報酬金は、事件の終了時にお支払いいただく費用のことで、遺産分割の結果次第でこちらの報酬金は変わります。
 

【預貯金の使い込み問題、単独でのご依頼、遺産分割と一緒にご依頼をいただいた場合で共通(税込)】
認容額300万円以下 認容額の22%
認容額300万円~3000万円 認容額の11%+33万円
認容額3000万円~3億円 認容額の6.6%+165万円
認容額3億円~ 認容額の4.4%+825万円

 

⑶ 実費等

実費等は、交通費や郵便切手代などの実際にかかった費用のほか、期日に出席した場合の日当や戸籍類を弁護士の職権で請求した場合の手数料が含まれます。
こちらについては、当事務所では、実費等一覧表としてかかる実費を契約前にすべてお示ししております。
当事務所では実費一覧表に記載のない実費等は一切いただいておりません。
 

6 おわりに

以上解説いたしましたとおり、被相続人の生前・死後の預貯金の使い込みを取り戻すためには、①いかなる証拠に基づき効果的な主張立証を組み立てるべきか、②請求(回収)のためにどのような解決手段(交渉、遺産分割調停・審判、民事訴訟等)を取るべきかなど、考えなければならないポイントが数多くあります。
 
このような問題に直面された場合には、法的な専門知識が必要となりますので、まずはお気軽に弁護士にご相談いただければと思います。
 

お電話でのお問い合わせ

平日9時~18時で電話対応
☎︎ 03-5875-6124

この記事の著者

代表弁護士角 学 (東京弁護士会所属)

千葉県出身です。葛飾区金町のお隣の松戸市に住んでいました。
中学、高校は、都内の巣鴨学園で遠泳・古式泳法・登山・剣道等様々な分野に取り組みました。
司法試験合格後、しっかりとした弁護士の基礎を身につけたいと思い、港区の大手法律経済事務所に就職し、元裁判官や元検察官、現役の弁護士職務経験裁判官、検察官をはじめとする先輩弁護士の方々に学びました。その後、弁護士として、トラブルに困っている方々のお力になりたいと考え、地元にほど近い葛飾区金町で独立をいたしました。

葛飾の相続問題に精通した弁護士が対応。

相続問題にお困りの方は
弁護士法人葛飾総合法律事務所にご相談ください

相続に関する著作活動やセミナー活動にも尽力。経験豊富な弁護士が解決までサポートします!

初回相談30分無料03-5875-6124

営業時間 平日9:00~18:00

お問い合わせ
初回相談30分無料

03-5875-6124

営業時間 平日9:00~18:00

お問い合わせ