遺留分に配慮した公正証書遺言の作成 |葛飾で相続、遺産分割を弁護士に相談

遺留分に配慮した公正証書遺言の作成

相談前

自分の子どものうち、特に尽くしてくれた子どもに遺産を多く渡す遺言を作成したいと考えているが、保有財産等も多く、できれば自分の亡き後に子ども達で遺留分を巡る争いをして欲しくはないのでどのような遺言を作ればよいか迷っています。

相談後

遺言を作る前提として、きちんと予想される遺留分を計算したうえで、財産の分け方を工夫することで後々の揉め事をできるだけ少なくできるようにした公正証書遺言を作成することができました。

弁護士からのコメント

公正証書遺言を作る際に、遺留分の計算をきちんと行い、それを考慮して財産の分け方を工夫することにより、遺言作成の目的を果たしつつ、遺留分に関する揉め事を可能な限り減らすことができる公正証書遺言を作成できる場合もありますので、まずは弁護士に相談いただければと思います。

葛飾の相続問題に精通した弁護士が対応。

相続問題にお困りの方は
弁護士法人葛飾総合法律事務所にご相談ください

相続に関する著作活動やセミナー活動にも尽力。経験豊富な弁護士が解決までサポートします!

初回相談30分無料03-5875-6124

営業時間 平日9:00~18:00

お問い合わせ
初回相談30分無料

03-5875-6124

営業時間 平日9:00~18:00

お問い合わせ